電子タバコのメリットとデメリット

海外では社会現象となった電子タバコとは?

電子タバコは禁煙を促進する運動が強まる中で登場した禁煙グッズです。

タバコに似せた吸引器をタバコ同様に口にくわえ、液体を熱線により過熱して蒸気を発生させます。
その蒸発した霧状の微粒子を吸引することでタバコの煙を吸っていることの代替とします。

日本において電子タバコの歴史は浅く、日々研究がされているため、細かい成分などや、人体に及ぼす影響などについてはしっかりと定着せずにいます。

発売当初はかなり注目を集め、禁煙を希望する喫煙者のみならず、試してみたいという喫煙者などからも注文が殺到し、一次は売り切れが続出しました。

しかしその後は改良を重ねられ2014年に第3世代の電子タバコまで登場していますが定着することはなく、一時のブームで落ち着いてしまいました。

電子タバコのメリットとして、ライターやマッチなど発火物を使用する必要がなく、吸引する際も物質を燃焼させるわけではないので、有害とされる一酸化炭素が発生しないという点が一番のメリットで、副流煙などによる非喫煙者への受動喫煙の防止にもなり、自身だけではなく周囲の人間にも配慮されています。

コストに関しては普段のタバコの量がとても関係してくるので、一概には言えませんが長期的な使用を考慮するのであれば初期費用などを考えても電子タバコの方が経済的ではあります。

これだけのメリットがあるにも関わらずどうして電子タバコは定着しなかったのかというと、それなりのデメリットがあったからです。

そのデメリットというのは電子タバコのリキッドの取り扱い店が今ほど多くなく、購入する場所が限られていた事や、バッテリーの管理などが手間である点、また国内の電子タバコのリキッドにはニコチンを含んでいる物がなく、口寂しさの解消や気を紛らわす効果があってもニコチンの欲求を抑制できないといった点がデメリットとしてあげられ、それらのデメリットが禁煙グッズとしての成果を上げることができなかった原因であり、定着しなかった理由と言えます。

お役立ちコンテンツ