喫煙と発がんリスク

3人に1人がガンで死ぬガン大国日本

たばこは昔から百害あって一利なしと言われている程、体にとって良くない成分が含まています。

たばこは様々な病気を発症する可能性を上げ、中でも悪性腫瘍(がん)は日本ではとても重要視されています。
たばこの煙に含まれていて、人の体に対して悪影響を及ぼす有害物質は250種類以上とも言われ、その中でがんを引き起こす原因となる発がん性物質は50種類以上もあります。

その有害物質が発見されてから今日まで、長年にわたり様々な国をあげての研究などが行われ、がん患者を減らそうとする動きがありますが、日本におけるガンの死亡率は1980年代から取られているデータによると年々増加していて、年間約100万人の死亡者のうち34万人がガンが原因で命を落としています。

さらに研究が進み近年では、2人に1人がガンになり3人に1人がガンで死ぬという見解もされていて、これは日本が世界的に見ても一、二を争うガン大国だということになります。

たばこの煙は喫煙者だけに影響が出るものではなく、むしろフィルターを通してたばこの煙(主流煙)を吸っている人より、たばこの先端の燃えている部分から出る煙である副流煙を無意識のうちに吸いこんでいる周囲の人の方がより有害な物質を吸い込んでいる可能性の方が高いです。

そのためここ数年の日本では非喫煙者が無意識のうちに副流煙を吸い込んでしまう受動喫煙(セカンドスモーク)を防止するためいろいろなシーンで対策が講じられています。
公共施設において喫煙所の設置個所の減少や喫煙所の隔離、飲食店、娯楽などでの分煙や禁煙、喫煙者を減らそうとする運動などがあげられます。

重大な病気である「がん」を引き起こす原因になりかねないたばこは、今後の日本の未来のためにも避けて通れない課題であって改善をしていかないといけません。

重大な病気を引き起こす可能性があるたばこをどうして吸うのか、喫煙者はたばこを吸う事で体にどのような悪影響をもたらすのか、ガンになってしまうとどれだけ大変かという事について一度しっかり認識する必要があります。

お役立ちコンテンツ