タールとニコチンの関係

人体に対して与える影響がとても大きな猛毒

たばこには約250種類以上の人体に対して悪影響を及ぼす有害な物質が含まれていて、その中でももっとも危険なのが“タール”と“ニコチン”です。

たばこの箱もしくは外装の側面にはタールとニコチンがどのくらいの量含まれているかの記載があり、たばこを吸われる人なら一度は目にしたことがあるかと思います。

250種類以上の有害物質が入っている中、どうしてタールとニコチンだけがこうして記載されるのかというと、人体に対して与える影響がとても大きく猛毒だからです。

具体的に各々の成分がどのように人体に対して悪影響を与えるのか、たばこを吸う人は理解をしておくことがとても大切です。

ニコチンはたばこの煙に含まれ吸い込んで体内に入ると、体内にあるニアセチルコリン受容体(α4β2ニコチン受容体)と結合します。
アセチルコリン受容体はニコチンと結合することにより快感を生じさせるドパミンと言われる物質を放出します。
その快感をストレス解消と勘違いしてしまう人がいますが、決してストレスを解消してるわけではなく、快感が生じることにより、ストレスを感じないように誤魔化している状態に過ぎません。

一度この快感を覚えた脳はまた快感を味わいたくなり、その結果たばこが止めれなくなってしまい、このような状態をを俗に言うニコチン中毒などといいます。
1日に、ものすごい本数のたばこを吸う人をヘビースモーカーと言ったりもしますが、これは重度のニコチン中毒者と言えます。

ニコチンと同じで猛毒のタールは発がん性物質を含んでいる成分で、体のいたるところを蝕み、ダメージを与えていきます。
部屋の壁紙などが黄ばんでしまったり、テレビやインターネットなどで喫煙者の真っ黒になった肺や歯を見たことがあるかと思いますが、あれはタールの影響によるものです。

そのタールの役目としては主にニコチンを肺まで運ぶ役割があります。
ニコチンのみの場合は口から吸い込んでも単体だと力が無く、肺まで到達することができませんが、タールがあることでニコチンをスムーズに肺まで到達することができるので、体に対して悪影響を及ぼすと言われているニコチンがそこから体の隅々まで送られることになります。

そういった理由もありタールとニコチンの関係はとても恐ろしく脅威的なものなのです。

お役立ちコンテンツ