禁煙が難しい理由

ドパミンを求める脳

たばこにはとても依存性があり、喫煙歴が長い人ほど簡単に禁煙をすることは難しく、周囲の協力などがあっても簡単にはできないと言われています。

そのため昔から禁煙グッズや禁煙セラピーなど禁煙を補助することを目的としたアイテムが姿かたちを変え登場していますが、禁煙には本人による絶対に禁煙するという固い意志が一番重要になってくるためか、これまでのアイテムは一時の話題にはなり注目されるものの、なかなか目覚ましい成果を出すことができません。

いつでもすぐ止められる。
そんな気持ちで始めたたばこを禁煙するのがどうしてそんなに難しいのでしょうか。
簡単に言ってしまえば、たばこに含まれる成分には依存性が強い物があるからです。

その成分を体内に吸収しないように気をつける事はもちろん、体内に蓄積している依存性の成分を排除していくことでたばこの依存からは解放されます。

依存性の成分というのはニコチンの事でニコチンは体内の受容体と結合することで、快感を生み出すドパミンを放出します。
ニコチンが切れると受容体が結合できないため、当然快感を生み出すドパミンも放出されませんが、そうなったら脳は一度覚えた快感をまた得ようとして、ニコチンを摂取するように体に信号を出します。
この悪循環が進んでいく事でいつしか依存状態となり、ニコチン中毒と言われたりもします。

禁煙をしたりしてニコチンの摂取を促す信号を無視して我慢していると今度は離脱症状というものが現れます。
離脱症状は禁断症状ともいい、毎日たばこを吸っていた人だと2日目あたりから始まり、症状としてはイライラして落ち着きがなくなったり、集中力の欠如、頭痛、倦怠感、不眠など様々で、これらの症状が原因でたばこの事が頭から離れなくなります。

意志が弱い人だとこの離脱症状に耐えられなくなり2日目もしくは3日目で禁煙を諦めてしまいます。
この離脱症状は禁煙をする上で一番最初にぶつかる壁のようなもので、大勢の人がこの最初の壁で禁煙を断念してしまいます。

離脱症状にはもちろん個人差もありますが2週間から4週間続く場合があり、続けるには本当に確固たる意志が必要不可欠になります。

お役立ちコンテンツ