ニコチンを使う禁煙グッズ

ニコチンを使わないチャンピックスと使う禁煙グッズ

禁煙成功率の高い禁煙治療薬とされるチャンピックスですが、利用する前に他の禁煙グッズと何が違うのか理解しておけば、その効果への信頼が高まり禁煙成功にも繋がるでしょう。

今までの禁煙グッズは、主にニコチン切れの症状を抑えたり、気を紛らわせて辛い時期を乗り越えるという補助的なものでした。
具体的には、口の寂しさを紛らわせる電子タバコなどの製品や、ニコチンを補給することでニコチン切れの症状を抑えるニコチンパッチなどの製品、そしてイライラや不安感などの症状を緩和する禁煙サプリメントなどがあります。

しかしチャンピックスは、気を紛らわせるのでもニコチンを使うのでもなく、薬効成分の効果によってタバコを吸いたいという気持ちを薄れさせてくれるのです。

そのメカニズムは、本来ニコチンと結合して快楽物質ドーパミンを分泌するニコチン受容体に、主成分であるバレニクリンが結合し、ニコチンの結合を阻害すると同時に少量のドーパミンを分泌させるというものです。
それによってタバコを吸うことなく満足感が得られ、ニコチン切れの症状も抑えることができます。

また、タバコを吸ってもドーパミンが分泌されないため、タバコが美味しいと感じられなくなります。

従来の禁煙グッズですと、一見ニコチンを含む製品は同じような効果があるように思えますが、タバコを吸った時に不味いと感じるという効果はありませんし、そもそもニコチンを含んでいるため禁煙に成功してもニコチン依存から抜け出せるとは限りません。

ですが、ニコチンを含まずにタバコが欲しいという気持ちを薄れさせるチャンピックスなら、無理なく禁煙できるでしょう。

お役立ちコンテンツ