チャンピックスで禁煙できるメカニズム

タバコ=不味いもの、自然にこう思えるチャンピックス

近年日本で注目をあつめ支持されているチャンピックスですが、高い禁煙率の裏側には研究を重ねた絶大な効果を発揮するメカニズムがあります。

そもそも禁煙がどうしてそんなに難しいのかを考えるところから始まると、タバコに含まれるニコチンという成分が体内に入り、ニコチン受容体というものと結合し快感だと感じさせるドパミンという物質を放出します。
これはタバコはストレス解消、気分が落ち着く、気分転換と感じる作用のもとです。

ニコチンが体内からなくなると快感だと感じるドパミンが放出されなくなるため、再び快感を得るため脳からニコチンを摂取するように体に指令を出します。
その指令に従いまたタバコを吸いニコチンを摂取するという一つの悪循環が生じますが、これこそがタバコが止めれなくなる原因でニコチン中毒とも言われます。

チャンピックスのバレニクリン酒石酸塩という有効成分はニコチンと似ている働きを持ちニコチンよりも先にニコチン受容体と結合し、ニコチンをブロックする作用があります。

ブロックされたニコチンは結合相手をなくし、しばらく体内に残りますが、こうなると体内に不要な成分を抱えていることになり、ストレスの原因になるので体は不快感を訴えます。

つまりタバコを吸うと不快感を得ることになるため、タバコ=不味いものという発想になり、自然にタバコを吸いたいという欲求がなくなっていき、効果が顕著な人だと、タバコに対して嫌悪感を持ったり、タバコの臭いを少し嗅いだだけで不快を感じる人もいるくらいで、これこそがチャンピックスが高い禁煙率を発揮しているメカニズムです。

中にはタバコが不味いということに慣れ、継続して吸おうとする人も稀に存在しますが、一般的な考えを持っている人だと不味い物にお金をかけている事にバカバカしさを感じ、自然に禁煙へと導かれる結果になります。

唯一、チャンピックスが従来の禁煙グッズなどに引けを取っているとするなら、それは口寂しさや手持無沙汰を解消できないという点くらいで、それは固い意志と慣れが解決してくれます。

お役立ちコンテンツ