通販で買えるチャンピックス

個人輸入ノススメ

チャンピックスはアメリカに本社があるファイザー社が開発した医薬品です。

ファイザー社はあの有名なED治療薬バイアグラを始めとした人気商品を開発したことで知られる大手の製薬会社です。

チャンピックスは禁煙グッズやセラピーなどとは違い、経口禁煙薬なので服用方法や容量をしっかり守り使用することで禁煙へと導いてくれます。

医薬品なので禁煙グッズなどに比べコストはかかりますが効果は絶大で、決められた期間チャンピックスを服用した人の7割に近い人が禁煙に成功しています。

コストがかかると言っても1日1箱タバコを吸う人であればそのタバコ代の2ヶ月分程度で、海外通販などで個人輸入が可能です。

今後タバコを吸い続けることでかかる費用や健康について考えると費用対効果は十分にあると言えます。

アメリカで開発されたあと先進国を中心とした世界各国で注目をあつめ支持さていましたが、日本では海外の医薬品ということもあり、副作用などが懸念され一般的に浸透していませんでした。

そんな中で、愛煙家で有名な俳優さんがチャンピックスを使用し禁煙をしたことが話題となり、俳優さんと同世代の男性を中心に一気に注目を集めました。

日本では市販されていないため、入手するには禁煙外来に行き医師から処方してもらうか、海外通販などを利用し個人輸入をする方法のどちらかにはなってしまい手間はかかりますが、それでも従来の禁煙グッズやセラピーのように成果に物足りなさを感じることもなく、費用体効果や実績を考えても禁煙方法として今一番注目され、支持されていると言えます。

チャンピックスの一番驚くべきところが、チャンピックスに含まれる有効成分のバレニクリン酒石酸塩という成分が体内で作用することで、これまで美味しいと思っていたタバコを、タバコ=不味いという風にしてくれる作用があるため、離脱症状であるタバコの事が頭から離れないといった症状が起きたとしても、タバコ=不味い=吸いたくない、となるため、禁煙する上でとても強い味方になってくれます。これから禁煙を考えている人には是非ともおすすめしたい方法です。

お役立ちコンテンツ