チャンピックスと他の禁煙グッズとの違い

医薬品だから得られるその効果

現在、数多くの禁煙グッズが販売されています。

そのため、これから禁煙をしようと考えている人の中には、どれを利用すれば良いか迷っている人や、一度経験してみたけれど失敗してしまったという人も少なくありません。

その中で、まだチャンピックスを試したことがないという人は、一度体験してみるべきです。
というのも、これは他の禁煙グッズとは一線を画しているものだからです。

禁煙グッズであるサプリメントは、医薬品ではなく普通のコンビニやスーパーで購入することができます。

チャンピックスは禁煙グッズに分類されることも多いですが、実は医薬品なので、ドラッグストアや個人輸入でしか入手できません。

また、日本の厚生労働省で認可されているため、科学的にも効果が立証されています。

チャンピックスを服用すると、脳内に作用してニコチンを欲しない状態にします。
タバコを吸っても美味しいと感じることがなくなるため、自然とタバコを吸う数が減っていくわけです。

しかし他の禁煙グッズでは、タバコを別のものに置き換えることで気分を紛らわせるのがほとんどです。

例えば、電子タバコではタバコにそっくりな形で、吸ってみるとタバコのように煙が出ます。
それでタバコを吸ったような気分にさせて、本当の喫煙から遠ざけていくのです。
しかし、ほんの些細なきっかけですぐにタバコを吸いたくなるようになってしまう可能性があります。

チャンピックスでは、脳内に直接作用させるため、そのように禁煙の失敗をする可能性が極めて低いのです。

ニコチンを使う禁煙グッズとの大きな違いはこちら

お役立ちコンテンツ