チャンピックスの効果的な使用方法

まずは2週間!始めてみよう

チャンピックスを服用した人の約7割の人が禁煙に成功していますが、これはチャンピックスを適切に服用することで効果を発揮します。

チャンピックスは長いスパンで禁煙へと導くように研究されつくした医薬品で、期間としては3ヵ月は服用することが推奨されています。

完全に禁煙することで、不意にタバコが吸いたくなったりする衝動が出る頻度を抑えることができます。

最初の1週間は通常通りタバコを吸いながらチャンピックスの服用を始めます。

1日目-3日目は0.5mg錠を朝食後に1錠
4日目-7日目までは0.5mg錠を朝食後と夕食後に1錠ずつ

早い人だとこのタイミングで既にタバコが美味しくなくなります。

8日目以降はいよいよ禁煙を開始し、ここからは1mg錠を朝食後と夕食後に1錠ずつ服用しそれを14日目まで続けます。

ここまでのセットをスターターセットといいチャンピックスの服用を始める場合はここからになります。

禁煙を開始する8日目以降はどうしてもタバコの事が頭から離れなくなり、食後や就寝前などにタバコを吸う習慣がある人は、決まってそのタイミングでタバコの存在を意識してしまいますので、そういう時は仕事のことを考えたり、水を飲んだり、飴などを食べたりと意識を別のことに集中させたりして辛抱する必要があります。

ただし、無理に我慢をし続けるとそれがストレスになり禁煙自体を止めてしまう可能性あるので、どうしても無理な時は一口、二口吸って気持ちを落ち着かせる事も必要です。

チャンピックスを服用している期間にもよりますが、1週間以上経っていればタバコを吸ったとしても思ってよりも美味しさを感じず、吸わなければ良かったという気持ちになる場合が多く、また少しタバコから距離を保つことができます。

その後は2週間パックを朝食後と夕食後に1mg錠を1錠ずつ服用していき、我慢できなくなったら同じように対応するようにして、それを約90日間続ける事で禁煙という目標を達成することができます。

チャンピックスを適切に服用する事で禁煙の成功率はあがりますが、あくまで前提として絶対に禁煙するという固い意志がとても重要になるということは理解しておくことは必要です。

お役立ちコンテンツ